日本メディカルケア協同組合

C68BED6B-15CE-4FB6-A94C-9B8774A238E2.jpg
 
●当組合が選ばれる3つの理由
1. 安心のサポート体制
IMG_0945.JPG
経験豊富なスタッフが入国前も、
入国後も安心な管理体制の構築

企業や実習生と共にSNSネットワークグループを作成し、情報を共有し対応します。各企業の事情をよくわかった担当スタッフがどんなトラブルにも適切に対処致しますのでご安心ください。

S__22282260.jpg
S__22282267.jpg
S__22282265.jpg
S__22282258.jpg
文化交流

当組合では、母国で一緒に勉強した仲間たちや、同じ母国の実習生を集めて、日本の文化交流や食事会を年に数回行います。

2. 入国後も日本語・報連相を教育
S__26058760.jpg

トラブル防止サポート

技能実習でトラブルになる問題の多くは「日本語がうまく話す事が出来ない、理解する事が出来ない事によるコミュニケーション不足」と「報連相ができない」事と考えています。「日本語能力向上」と、「報連相」のトラブル防止として、当組合では、入国後も日本語の教育、社会人としてのマナーを継続的に教育していきます。

当組合では、入国後、日本語検定を受けるように指導・推奨しています。
N4、N3、N2と、頑張って合格できるように配属後も学習支援を行います。

報連相では、LINE・Messengerグループを作成し、企業・実習生をサポートする体制を整えております。

3. 送り出し機関との連携
スクリーンショット 2020-04-27 16.18.47.png

当組合は、介護のライセンスを持った送り出し機関としか協定しておりません。

国政府認定送り出し機関と協定しており、毎月の日本語レベルチェックを現地又はオンラインでチェックしています。

一般技能実習生に関しても、みんなの日本語の40課から50課までを勉強してもらい、できればN4を取得後に日本へ出国するといった取り組みをしています。

母国を離れて日本での生活に不安を付きまとう実習生は毎日家族と連絡をとることも多いです。よって不満があれば両親に伝えることもあります。

弊組合は母国からの協力体制を作り、安定した実習を作り、それが大きなトラブルなどによる離職率の低下につなげます。

経営理念

私たち組合職員は外国人技能実習生事業を通じ

 

受け入れ企業様が

「技能実習生を受け入れて本当に良かった」

 

技能実習生が

「日本に来て本当に良かった」

 

そう言って頂ける組合を目指します

組合概要
許可番号:特定監理事業 許1709002105
組合名称 : 日本メディカルケア協同組合
設立 : 平成27年4月28日
組合概要
代表理事 : 中島 佳子
所在地 : 〒720-0066広島県福山市三之丸町10番27号 GREENWOOD三之丸3階
電話番号 : 084−924−7120
FAX : 084−926−5695
営業時間 : 月~金曜日 9:00~18:00
事業地区
map-japan-211129.jpg

本  部  〒720-0066広島県福山市三之丸町10-27

      GREENWOOD三之丸ビル3階

      TEL:084-924-7120 FAX:084-924-5695